ワークス

2018.12.21

ADPUBLICTYオリジナルカレンダー2019クライアント : アドパブリシテイ

アドパブオリジナルカレンダー 制作事例

2018年に好評をいただいたADPUBLICITYオリジナルカレンダー。第二弾となる2019年版は、リニューアルした台座が特長です。7枚の紙の厚みを計算し、設計図を製作。それを基に桜(洋材)を切断・研磨し、ぬくもりのある木製台座としました。また、紙の端にインクを染み込ませ、6色でバリエーションを展開。12種のフォントと併せて、細部にちりばめた工夫をお楽しみください。

IMG_6627 IMG_6577


書体(しょたい)とは


書体について_HP-3-13 書体(しょたい)とは、一定の文字体系のもとに、一貫した特徴と独自の様式を備えた字形として表現されたものをいいます。基礎となる字体の特徴、もしくはその字体の様式から導かれる形態の差異によって分類されます。




使用書体


1月 Bauer Bodoni Std 1 (バウアー・ボドニー・スタンダード1)
2月 American Typewriter (アメリカン・タイプライター)
3月 Gill Sans (ジルサンズ)
4月 Goudy Old Style (ガウディ・オールドスタイル)
5月 Osaka (オオサカ)
6月 vJoschmi(ヨーシュミ)
7月 Gotham (ゴッサム)
8月 Bank Gothic (バンクゴシック)
9月 Hiroshige Std (ヒロシゲ・スタンダード)
10月 Proxima Nova (プロキシマ・ノヴァ)
11月 Zapfino (ツァッフィーノ)
12月 Futura Std (フーツラ・スタンダード)



1月 Bauer Bodoni Std 1 (バウアー・ボドニー・スタンダード1)


hpcal-2019_-01
Bodoniは、1790 年にイタリアの印刷工、Giambattista Bodoniによってパルマ公国の専用書体としてデザインされたラテン文字のセリフ体書体です。太さを均一に保つなど幾何学的に構成されており、カリグラフィ的要素を排除しているのが特徴。ロゴやタイトル、見出し向きで広告デザインなどに人気が高く、洗練された雰囲気をまとうモダン・ローマン体の代表格です。

使用イメージ : 伝統的・男性的・普遍的
使用シーン : ロゴタイプ・タイトル・見出しetc.


2月 American Typewriter (アメリカン・タイプライター)


hpcal-2019_-02
American Typewriter は、1974年にJoel KadenとTony Stanによってデザインされたタイプライター書体です。インクの滲んだような丸みのあるディテールが文字に親しみやすさを与え、大文字・小文字・数字、すべてバランスよく、やさしい雰囲気があります。グラフィックデザイナーMilton Glaserのデザインした世界的に有名な作品「I LOVE NY」のロゴに使われていることでもよく知られています。

使用イメージ : 伝統的・オールディ・懐古主義
使用シーン : ロゴタイプ・広告・メッセージetc.


3月 Gill Sans (ジルサンズ)


hpcal-2019_-03
Gill Sans は、彫刻家やグラフィックアーティストとしても活躍した書体デザイナーの Eric Gillが1927-30 年にかけて制作したヒューマニストサンセリフ体の欧文書体です。伝統的なローマン体に由来する造形が非機械的な印象を与えるこの書体。BBC が制定書体に定めているほか、AMD、フィリップス、ウィキメディア財団およびウィキメディア・コモンズ、スロベニアのユーロ硬貨のデザイン、三菱電機製エレベータ操作盤などに使われています。

使用イメージ : 都会的・知的・スマート
使用シーン : タイトル・広告・製品ロゴetc.


4月 Goudy Old Style (ガウディ・オールドスタイル)


hpcal-2019_-04
Goudy Old Style は、1915 年にAmerican Type Founders Company(アメリカ活字鋳造会社)のためにFrederic W. Goudyが作成した古典的な旧式のセリフ体です。タイトルや見出しに特に適しているフォントで、i, j や句読点の上のドットがダイヤモンド形になっている他、g, E, L のデザインにも特徴があります。ホテル リッツ・カールトンやデイトン大学のロゴなどにも使われました。

使用イメージ : 古典的・ライト・上品
使用シーン : ロゴタイプ・タイトル・見出しetc.


5月 Osaka (オオサカ)


hpcal-2019_-05
Osakaは、MacOS日本語バージョンに標準搭載されているフォントです。文字間が大きくすっきり見やすいフォントデザインが特徴で、Osaka-等幅フォントはコーディングをするときにもよく使われます。ちなみにOsakaという名前。アップルでは、制作したフォントに大都市の名前を付けていました。その中で英語版のシステムフォントが「Chicago」と名付けられていたことから、日本語版には「Chicago」の姉妹都市である「Osaka(大阪)」を当てたのが由来と言われています。

使用イメージ : シンプル・メカニカル・汎用的
使用シーン : 汎用テキスト・アクセントetc.


6月 Joschmi(ヨーシュミ)


hpcal-2019_-06
Joschmiは、タイプデザイナー・ビジュアルアーティストのFlavia Zimbardiが2018年に制作した書体です。バウハウス・デザイン学校から発見されたタイポグラフィのスケッチや手紙の断片を基にデザインされました。由来となったのはJoost Schmidt。Schmidtは、バウハウス・デッサウでカリグラフィ講師を務め、広告制作、タイポグラフィなどを指導。現在、バウハウスとして知られるグラフィックデザインスタイルを確立した第一人者です。フォントを左右に分断する真ん中の筋が特徴的です。

使用イメージ : クリエイティブ・建築・芸術的
使用シーン : タイトル・アクセントetc.


7月 Gotham (ゴッサム)


hpcal-2019_-07
Gotham は、Hoefler & Frere-Jones がアメリカのメンズファッション誌GQ に依頼されて2000 年に制作したフォントです。Masculine, new, and fresh(力強く新鮮な文字を)との注文を受けた彼らはニューヨークの街を歩き回り、戦後の建物に描かれた手書きのレタリング文字から着想を得てこのフォントを作りました。安定した形で視認性が良く、モダンで誠実さのあるこのフォントは、オバマ元大統領の選挙キャンペーンや、国立9月11日記念館など、さまざまな場面で使われています。

使用イメージ : 都会的・知的・現代的
使用シーン : タイトル・企業ロゴ・広告etc.


8月 Bank Gothic (バンクゴシック)


hpcal-2019_-08
Bank Gothicは、1930年にデザイナーのMorris Fuller Bentonによって制作されたサンセリフ体の書体です。ジオメトリック(幾何学的)フォントに分類され、円弧と直線で構成された機械的な造形をしています。CやSのカットが斜めになっていることも特徴で、シャープな印象を引き立て、未来的な雰囲気を生み出しています。映画のロゴなどにもよく使われる書体です。

使用イメージ : スマート・都会的・ジオメトリック
使用シーン : サイン・タイトル・ショップロゴetc.


9月 Hiroshige Std (ヒロシゲ・スタンダード)


hpcal-2019_-09
Hiroshige Stdは、1986年にAlphaOmega Typography Inc.のCynthia Hollandsworth(現Batty)によって制作された書体です。この書体はもともと、多くの印象派のアーティストに影響を及ぼした19世紀の日本の巨匠、安藤広重(歌川広重)による木版画を紹介する本のために作られました。優美な佇まいからは、外国から見た日本のイメージ・伝統を感じ取ることができます。

使用イメージ : 伝統的・日本的
使用シーン : 本文・広告・書籍タイトルetc.


10月 Proxima Nova (プロキシマ・ノヴァ)


hpcal-2019_-10
Proxima Nova は、Mark Simonson Studio が制作した、Web フォントとして非常によく使われるサンセリフ書体です。以前はProxima Sans としてリリースされていましたが、2005 年にProxima Novaとして大幅に改良。丸みを帯びたグロテスク風デザインがどんなデザインにもマッチします。ファミリー展開も豊富で、7ウェイト・3バリエーションがラインナップされています。

使用イメージ : シンプル・現在的・都会的
使用シーン : タイトル・見出し・ロゴタイプetc.


11月 Zapfino (ツァッフィーノ)


hpcal-2019_-11
Zapfinoは、世界的カリグラファーのHermann Zapfがデザインしたラテン文字のスクリプト(筆記体)書体を基に、日本人の文字デザイナー小林章氏が開発したフォントです。オルタネートと呼ばれる、同じフォントでバリエーションの違う書体を多く持ち、それらを組み合わせることで本当に手描きしたかのような文字組が可能です。流れるようなカリグラフィが美しく、太さに強弱の付いたシルエットや、滑らかな曲線が上品で知的、レトロな雰囲気を醸し出します。

使用イメージ : カリグラフィ・エレガント・手仕事
使用シーン : 商品タイトル・ショップロゴetc.


12月 Futura Std (フーツラ・スタンダード)


hpcal-2019_-12
Futuraは、1923 年、ドイツのバウハウスで非常勤講師をしていたPaulRennerによって発表されたラテン文字のサンセリフ体書体です。ラテン語で「未来」を意味するこの書体は、いわゆるジオメトリック・サンセリフの一種で、幾何学的な造形が特徴。装飾を廃し、機能性を追求したフォルムは、円形をベースにしています。読みやすいことこの上なく、現在でもルイ・ヴィトンのロゴ等さまざまな場面で使用されています。

使用イメージ : 都会的・モダン・普遍的
使用シーン : 企業ロゴ・タイトル・本文etc.




IMG_6609

12タイプの書体で構成された「Twelve type(o) calendar 2019」。お手もとに置いておくだけできっと、あなたの12カ月にささやかな楽しみを与えてくれます。もしまだ実物を持っていないという方は、お気軽にアドパブリシテイまで。


制作スタッフ

  • アートディレクター | 兵藤雅直

  • アートディレクター | 小林正和

  • コピーライター | 山中 彰

  • デザイナー | 奥村高光

  • デザイナー | 浅井真理子

  • デザイナー | 松浦義晃

  • WEBデザイナー | 志波大樹

  • デザイナー | 青木高洋

  • デザイナー | 宮澤尚也