アドパブログ

2015.10.1

社内アクションで意識UP!啓蒙ポスターを作成しました。

こんにちは。古川(CD)です。
10月になり、アドパブリシテイのオフィスに異変が。。。
オフィスのあちこちに「社内啓蒙ポスター」を貼りだしました。
ポスターは全部で5枚。
今回のブログでは、この5枚の啓蒙ポスターを紹介したいと思います。

1枚目
動物(うさぎ)啓蒙ポスター_アドパブリシテイ_デザイン01
「よく効くクリエイティブは、よく聞かないとつくれない」

アドパブリシテイがいちばん大切にしているのは、お客様へのヒアリングです。
お客様のご要望をじっくりとうかがい、課題の抽出をしっかりと行ってからクリエイティブワークに取り掛かります。
お客様の声に耳を傾け、さっと駆けつける・・・だから「ウサギ」なんですね!

2枚目
動物(ふくろう)啓蒙ポスター_アドパブリシテイ_デザイン02
「あなたのことを知っている。あなたよりも知っている」

2枚目は、お客様との永いお付き合いの中で悩みや要望をしっかりと引き出し、お客様と共に歩み、共に成長していくことを表したポスターです。
そのためには我々スタッフが、物知りで視野の広い「フクロウ」のようになることが大切です。
「困ったときはアドパブリシテイ!」
お客様にそんなふうに思っていただけるとプロダクション冥利に尽きます。

3枚目
動物(ライオン)啓蒙ポスター_アドパブリシテイ_デザイン03
「お客様のスゴイところをちゃんとスゴくするために」

ガオ!度迫力ですね!
私たちの仕事は、お客様のいちばんのストロングポイント、つまりUSP(独自のウリ)をしっかり導き出してあげて、ちゃんと旗を立ててあげること。
お客様の中に眠る「ライオン」を呼び覚ます!
その雄たけび、しっかりと届けますよ~

4枚目
動物(イーグル)啓蒙ポスター_アドパブリシテイ_デザイン04
「問題カイケツできる人から、問題ハックツできる人に」

問題解決型のクリエイティブはもはや当たり前の時代です。
大事なのは、お客様の問題・課題を「発掘」してあげることです。
つねに目を光らせ、睨みを利かせ、瞬時に反応できる「鷲」のような目で、お客様の潜在的な課題を見出します。
これでお客様のハートをがっちり鷲掴み!

5枚目
動物(イルカ)啓蒙ポスター_アドパブリシテイ_デザイン05
「大切なのはやってみること。大変なのはやり続けること」

最後の1枚は、スタッフへのトライ&エラーの啓蒙です。
まずは立ち上がり、一歩前へ出る。
たとえしくじっても、会社はその心意気を奨励しますよ、という会社のスタンスを表明したものです。
好奇心旺盛でいろんなことに挑んでいく「イルカ」を使いました。

というわけで、以上「動物シリーズ」でポスターを作成しました。
今回のデザイン担当者は松浦(D)。
この社内啓蒙ポスター掲出アクションはじつは3回目で、3か月に1回のサイクルでデザイン替えを行っています。

応接にこのポスターを飾っております。
もし気になる用でしたら、ぜひ一度アドパブリシテイへ遊びにきてください。
そしてポスターを生でご覧ください~